食卓便 安全性

食卓便の安全性は大丈夫?

 

「食宅便」の日清医療食品は、日本全国の病院・福祉施設への食事サービス実績NO.1のリーディングカンパニーです。

 

そんな食卓便ですが、気になるのが、添加物です。

 

 

1食560円ほどで、かなり安価な価格なので少し心配になります。


 

添加物についてどうなのか、食卓便に問い合わせてみますと、

 

添加物を、使用している場合がございます。使用する場合には、国の基準を遵守しております。商品パッケージやホームページで確認できます。

 

と回答がありました。原材料や添加物は食卓便ホームページで全て確認でき、公表されています。

 

大丈夫?食卓便の安全性はどうなの?注意した方が良い添加物は?

 

中華めん、トンカツ、じゃがいも、大根、玉ねぎ、パインアップルシラップ漬、白菜、チンゲン菜、いか、なたね油、ホタテ貝、人参、えび、ねぎ、上白糖、濃口醤油、ごま油、淡口醤油、レーズン、ショートニング、ケチャップ、ゆず皮、乾燥しいたけ、ホタテエキスパウダー、顆粒洋風だし、おろししょうが、顆粒和風だし、中華スープの素、顆粒中華風だし、清酒、本みりん、カレー粉、食塩、果実調味料、はちみつ、おろしにんにく、白こしょう、パセリ粉/増粘剤(加工デンプン、増粘多糖類)、加工デンプン、調味料(アミノ酸等)、かんすい、pH調整剤、酸味料、マンニット、カゼインNa、乳化剤、(一部に小麦・卵・乳成分・えび・いか・牛肉・ごま・大豆・鶏肉・豚肉・ゼラチンを含む)

 

完全無添加のお弁当というのは難しく、ドレッシングやハムやマヨネーズなど・・・・添加物がないと加工できなものがあります。

 

 

国の基準を満たしているということですが、不安に思う方もいるかもしれません。

 

とはいえ、多くの管理栄養士がカロリーや塩分や栄養バランスを考えて作った宅食でもあります。

 

全く無添加という宅食はありません。家でのソース、マヨネーズ、ドレッシング、缶詰など言えばキリがないほど添加物であふれています。

 

これらの添加物は国の基準を満たしています。食卓便に使用されている添加物も同様、安全な宅食です。

 

→塩分・カロリーが気になる方に! おいしい食事制限なら「食宅便ケアシリーズ」

 


 

 

→【1食560円ダイエット】気になる食卓便の値段は?